飲食店にはPOSを置こう|コストを下げて売り上げアップ

スーツの人達

海外進出は専門家に相談を

アジアの中でも成長著しいインドネシアは、海外進出先として人気があります。しかし、事業開始までのステップだけでなく、宗教や風習など理解するべき点が多々あるため、コンサルティング会社の助力は必須でしょう。コンサルティングはムダなコストを省く役割があり、言葉の壁も解消してくれます。

婦人

需要が高まっています

整骨院を開業するためには、まずはしっかりと勉強をして資格を取得する必要があります。資格を取得できたら、次に考えるのが開業する場所です。なるべく多くの方が住んでいる住宅地に、理想的な広さの物件を見つけて整骨院を開業しましょう。

お店の発注管理を効率化

店舗

POSといえば、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで広く採用されている売上管理システムです。会計時に商品に付いているバーコードを読み取ることによって、品目や販売個数、売上金額などを自動収録します。正確な販売データが得られるとして高い評価を得ています。このPOSシステムですが、最近では飲食店でも導入する動きが広がっています。その理由は、1つにはもちろん売上管理の正確性を向上させることを目的としています。しかし理由は他にもあります。それは、このシステムが飲食店における発注管理にも活用できるからです。客のいるスペースと厨房とが隔てられている飲食店の場合、オーダーはフロア担当者が客から聞き取り、厨房へと伝えるのが一般的です。この際、伝達が口頭であったり、手書き伝票の手渡しであったりすると、どうしても誤発注や発注もれが発生しがちとなります。しかしPOSシステムを導入すれば、フロア担当者が端末操作を行うだけで、厨房側にあるメイン機に発注データが正確に送信されます。伝達ミスを未然に防ぐことができるばかりでなく、混雑時における従業員の負担軽減にも役立ちます。飲食店にPOSシステムを導入するメリットはもう1つあります。それは、飲食代金の精算業務を迅速化できることです。フロア担当者が入力した発注データは、同時に会計レジへも送信されます。代金はそこで自動計算され、すみやかに合計額を出すことができます。

男女

ハードからソフトへ

国際観光に関して、さまざまな角度からインバウンド・ビジネスを支援している会社があります。先ずは、インバウンドのマネージメント会社への連絡や同社主催の懇親会に参加してみるのもよいでしょう。先進的、かつ継続的に外国人を受け入れている宿泊業者やそのほかの観光業者とのネットワーク構築にも繋がります。