飲食店にはPOSを置こう|コストを下げて売り上げアップ

海外進出は専門家に相談を

スーツの人達

確実に成功させる工夫

海外進出を目指す企業が増える中、特に注目されているのが、目覚ましい経済成長を見せているインドネシアです。首都ジャカルタの人口は1000万人に到達する勢いがあり、アジアだけでなく世界でも有数の巨大な都市として成長を続けています。また、日本と同じように島で構成されているインドネシアですが、バリ島やロンボク島のように観光で人気の島が存在する点もポイントです。例えばジャカルタで現地の風習や傾向を学び、経験とともに全域に進出し、自社のさらなる成長・発展も期待できることでしょう。同じアジアでも直行便で約7時間の距離にあるインドネシアは、日本とは大きく異なる文化・風習があるため、企業進出にコンサルティングの助力が必須です。特にインドネシアはイスラム教人口が世界最大といわれる規模の国で、商品から現地の雇用まで、企業として配慮すべき部分がいくつも存在します。日本の社内ルールを適用するのは不可能であり、致命的なトラブルを回避するためにも、コンサルティングからのアドバイスは欠かせないでしょう。また、会社設立から事業開始までは、登記や申請などを含めて数カ月が必要となり、ひとつひとつのステップを確実にクリアしていかなければなりません。ネット上の情報だけではスムーズな対処は不可能ですので、1年経っても事業が開始できない状況に陥ってしまいます。一方でコンサルティングはあらゆる状況に対処でき、ムダなコストが発生せずに済むのです。コンサルティング会社の多くは現地に日本人スタッフを置き、言葉の壁も確実にクリアしてくれます。